自己破産で勘違いされている事

自己破産をすると様々なペナルティがあると言われています。確かに存在はしているのですが、中には信じられているけれど実は違うことも沢山あるのです。例えば会社に知られるのではないかと不安になっている方もおられますが、それも心配は必要ありません。ただ、官報に名前が乗る事になるのですが、これは一般の人が見られるような物では無いので心配する必要は無いでしょう。さらに、キャッシュカードを持てないという事もないですがカードを使ってお金を借りる事や買い物をする事は出来ませんが、これはブラックリストに載る事になるからです。

自己破産をした場合のペナルティ

自己破産をすると会社に分かってクビになってしまったり、あるいは様々な資格を剥奪されるのではないかと心配になる方もおられるでしょう。確かに、ある一定の機関、特定の職業につくことは出来ないのは確かですが、期間が決まっているのでそこまで心配をする必要はありません。例えば警備員や保険外交員等の仕事をする事は出来ませんが、あくまで数ヶ月間だけですので、永遠という訳では無いのでそこを覚えておくと良いでしょう。

自己破産によるお仕事の事

自己破産をした場合にはとにかく就職しなければならないでしょう。したからといっても、再就職で何か困るような事は殆ど無いので、気にする必要はほとんど無いと言えます。自己破産で破産が決定された場合、免責になるまでの手続きをしなければならない期間は、いくつかの職業はつく事が出来ません。例えば保険外交員や警備員、さらには弁護士や司法書士や税理士もあるのですが、免責となれば復権として、再び就業出来るので覚えておきましょう。

多額の借金を背負い、支払不能となった場合は自己破産を申告することができます。これにより、税金を除く全ての債務の支払が免除され、ある程度の財産も手元に残すことができ、家族のローンなどに影響もありません。しかし、ブラックリストに載りしばらくは借り入れができないほか、一部の職業に就くことができないなどの制限があります。