信用取引ってどんな取引方法なの?

株などの投資に疎い人にとって、そもそも株式投資って何なのかわからないっていう人も多いですよね。株式投資で利益を上げるためには、まず株価が安いときに株を購入して、株価が上昇したらその株を売る、そうしてその差額で利益を上げるというのが株式投資の基本です。ところでこの信用取引というのは、こうした株式投資とはちょっと毛色が違っていて、そもそも自分のお金で株を買うのではなく、証券会社から資金を借りて株を買ったり、はたまた株そのものを証券会社から前借してその株を売ったりします。そうすることで、自分のキャパシティー以上の株式投資ができるようになって、より大きな利益を見込むことができるんですね。

信用取引のメリットとは

信用取引のいちばんのメリットとしては、信用買いというものができるということです。たくさん株投資をしたいけど資金がないということってありますよね。そういう場合に、信用取引では自分の資金の3倍の取引ができるようになるのです。つまり今手元に50万円しかなくとも、150万円の取引ができるようになり、よりたくさんの銘柄の株を購入することができるようになるのです。たくさん株を持つことができ、その株が上がれば、利益も大きくなりますよね。

信用取引にはデメリットも

信用取引では確かに利益をより大きくする見込みがありますが、その分デメリットもあります。信用取引では株式や資金を借りている状態ですので、当然その金利を支払わなければならなくなりますよね。すなわち信用取引をする際は、取引手数料と金利を合わせた額を決済の時に支払わなければなりません。また追証(おいしょう)というものもあり、信用取引をするために担保に入れている株式が指定の額を下回ってしまった際に、追加で保証金を納めるということです。とはいえ信用取引は少ない資本で大きな利益を得るためにはとても有用な方法ですので、こういったデメリットをしっかりと認識して、信用取引をしたいものですね。

信用取引とは現金や株式を証券会社に預けます。そして証券会社よりお金を借り投資することになり、大きな金額の取引が可能になる取引です。