デザインの専門学校で教えていること

デザインの専門学校では、様々なことを教えているのですが、二年という短期間でデザイナーを育成するわけですから、非常に多くのことを学ばせています。選考する分野にもよりますが、最近ではwebを使用したデザインが主流であり、パソコンのペンタブを使用して行うことがほとんどです。このペンタブも、学校から支給されるものであるために、自分で購入しなくてもよいです。また、CADを使用して3Dのデザインをすることもありますよ。

デザイナーになりたい人を応援!

デザインの専門学校では、デザイナーになりたい人を応援しています。というのも、デザイナーはある程度技術がある人しか、なることができないのですが専門学校に入るほとんどの人が初心者であるために、特に心配する必要はないでしょう。専門学校では、プロのデザイナーとして活躍できるように、コースに分けられていますが、基本的なことには対応できるような知識を学ぶことができます。デザイナーといっても幅広いですから、自分の夢に近いコース選びが必要ですね。

デザインの専門学校が行っている支援

デザインの専門学校では、様々な支援を行っているのですが、その一つとして夜間開講が挙げられます。これは、日中に実施している講義を、夜間にも開講することによってダブルスクールを可能にしました。また、在学生も通うことができるために非常に便利なサービスとなっていますよ。そして、ペンやペンタブなどの備品を購入する際には、学校がその費用を負担してくれるといった支援も行っており、本気でデザイナーを目指したい人にとっては良い支援ですね。

ゲームの専門学校ではプログラミング、CG制作、音楽、シナリオなど様々なコースから自由に選んで技術を磨けます。