火災保険は3種類あります

万が一の火災に備えて火災保険に加入しようとしても、どれを選べば良いのか分からずに悩んだ経験のある人も多いのではないでしょうか。難解な法律用語や専門用語が並んでいて難しそうですが、火災保険は大きく分けて住宅火災保険、住宅総合火災保険、保険会社が独自に作成した火災保険の3種類に分類されます。住宅火災保険は主に建物と家財道具を対象にした保険、住宅総合火災保険は専用住宅の建物と家財を対象にした保険、それ以外の火災保険が住宅火災保険と住宅総合火災保険にオプションを加えた保険会社のオリジナルです。

賃貸か戸建てかで火災保険を選ぶ

住宅火災保険と住宅総合火災保険はどちらも家財を補償の対象にしていますが、住宅総合火災保険は専用住宅を補償対象にしていることから、戸建住宅に住む人は住宅総合保険を選ぶことが多くなります。住宅総合保険の補償範囲は広く、風災、雪災、水災など、火災以外の災害で起こる建物の破損も補償の対象です。一般的に、住宅火災保険は住宅総合保険より掛け金が安い場合が多く、マンションやアパートなど賃貸物件に住む加入者が多いのが特徴です。

火災保険のオプション

火災以外の災害にも補償範囲を広げている火災保険ですが、オプションを利用すると更に補償される範囲が広げることができます。住宅総合保険では、自動車の飛び込みなどによる建物破損、騒擾によって引き起こされる破損の他に、空き巣や泥棒など盗難被害まで補償対象を広げています。賃貸物件居住者を主な加入層の住宅火災保険でも、落雷による家財の破損や給排水設備からの水漏れなどによる損害など、火災以外の事故にも補償範囲を拡大しています。

火災保険はもしもの時のために入っておいた方がいいでしょう。火災は一つの不注意で起こるものなので誰にでも起こりうるものです。なので、万が一の保険は大事です。