クレジットカードは便利だけれど…

欲しいものをすぐに手に入れられるけれど支払いは後でも良いというメリットがあるクレジットカードですが、使い方を誤るとその後の人生を苦しめる凶器にもなります。支払いが後からなのでついついキャパシティーを超えて買いすぎてしまい、指定した支払い日に引き落とすことができない事があれば信用問題に関わります。ブラックリストに載ってしまい、その後に二度と他のクレジットカードの審査に通らなかったりと不便なことが多々あります。

大学生は要注意!作らされるクレジットカード

大学に入学すると、大学生協への加入を求められます。よく事情が分からない大学生はほいほい加入してクレジットカードを手に入れてしまいますが、ここに大きな落とし穴があります。在学中は年会費がかかりませんが、社会人になると数千円を毎年支払わなければなりません。海外旅行保険が含まれているなどと謳っていますが、海外によく行く人はカード会社の保険よりもしっかりとした保証のある保険に任意に加入するし、海外に行かない人にはまるまる損になります。海外旅行を年に一回以上しない限り無駄と言えます。

クレジットカード加入で割引される罠

家電量販店やインターネットで買い物をする時、指定のクレジットカード加入で大幅に割引されるという広告をよく見ますが、その時安くなるからといって手当たり次第加入するのは間違いです。クレジットカードは何枚も持つ必要がないもので、せいぜいVISAかMaster、JCBのカードがあれば、国内外で買い物に困る事はありません。カードを何枚も作ると失くした時のリスクが大きすぎるため、避けるべきでしょう。賢く使えば生活を豊かにするのがクレジットカードなので、カードを作る時はよく考えてから作りましょうね。

決済代行とは、クレジットカードや現金、電子マネーなど様々な手段で支払われる決済業務を取りまとめ代わりに行なうことで、顧客に対する利便性を保ちつつ、必要な事務作業の手間を削減するサービスです。